盗聴器発見

年々増加、盗聴発見の必要性

盗聴発見なんて自分には関係のないことだと思っておられませんか?
残念ながら必ずしもそうとは言い切れません。
盗聴自体が現在の日本では法律的に罪とされていませんし、また、盗聴器も、何の規制も受けずに堂々とネット上だけではなく全国の一般の電気店に売られています。
世の中には様々な盗聴器が増えてきており、扱いやすいものや数秒から数分で仕掛けられるタイプの盗聴器もあります。
また、何の目的がなくても単なる好奇心で盗聴器を仕掛ける人間もいますし、盗聴器を仕掛けた本人以外にも、他人が仕掛けた盗聴器から出される電波を受信して楽しんでいる人間もいます。
これらの点を考慮すれば、数年前に比べ盗聴発見の必要性はむしろ上がってきたと言えるでしょう。
盗聴器が仕掛けられていると思われている方も、またそうでない方も、是非一度専門の業者に盗聴発見調査を依頼することをお勧めいたします。
そして、その専門の盗聴器発見業者の中でも特に当社は、従来ならば対応できなかった種類の盗聴器発見に貢献出来る自信があります。

従来では発見が難しかったリモコン式盗聴器やステルス盗聴器に対応した調査が可能です。
以前は、特殊な盗聴器が仕掛けられる事例は多くはありませんでした。しかし、最近は盗聴の技術も発展しているためか、一般の人でもインターネットを通して特殊な盗聴器を安価に手に入れることができるようになり、リモコン式盗聴器やステルス盗聴器が一般の家庭に仕掛けられる事例も増えています。
弊社が実際に調査を行ってきた中でも、これらリモコン式盗聴器やステルス盗聴器が見つかるケースが増えているため、盗聴に対する危機感は高まっていると感じます。
「盗聴されているかもしれない」、「私の私生活が外に漏れているかも…」と感じた方もいらっしゃると思います。
盗聴器は様々な物に擬態させて自宅の部屋の中から、職場のオフィスに仕掛けられます。ひと目では盗聴器と分からないように擬態されている盗聴器を個人で見つけるのはとても難しいです。
発見が困難であると思ったら、弊社までご相談ください。

幅広い機材力と経験、価格に自信あり


例えば当社では、様々な種類の盗聴発見に努めるため、ハンディ型の広帯域受信機は勿論、据置き型の高性能な広帯域受信機を導入して、盗聴発見調査に臨んでいます。
もちろん、実際の調査現場で最も重要なのは機材だけでなく盗聴発見調査員の知識や判断力といった「腕前」です。
当社の盗聴発見調査員には日頃の訓練、指導を重視しております。
多くの機材知識を持ち、尚且つそれらを自在に使いこなせることが必要だと当社は考えるからです。

それでいて、当社の調査料金は一般他社と同レベル以下に抑えています。
その上、標準の料金で、盗聴器と盗撮カメラ両方の調査をとり行います。
調査料金に出張料金を加えたのが、お支払いいただく料金の総額です。いかなる理由があっても最初に提示した料金以外の余計な追加料金は1円もいただきません。
また、盗聴器を見つけた際に発生する発見報酬や、盗聴器を取り外すために必要な撤去費用、盗聴器発見調査の時間延長による追加料金などもございません。

弊社の盗聴器発見調査で使用する盗聴器発見機器は、同じ盗聴器発見業者が持つ機材と比較してかなり高レベルの発見機材を保有しております。
高性能調査機材を使った盗聴器発見調査を低料金でご提供しております。

踏み込んだ調査も可能です

また、当社では盗聴発見調査だけでなく、盗聴器を仕掛けた人物の特定から、
公的機関へ提出する証拠書類の作成など、盗聴発見以外でご依頼をされる方は『高い調査力と低料金』で定評のある探偵部門も併設しております。
盗聴発見調査前のご相談とお見積りと同じく、それらのお見積りから、
ご相談まで、無料で承っております。お気軽にご相談下さい。

盗聴器発見 盗撮発見専門ページへ